Fraji ♪

Franとの毎日を。。メインブログ↓覗いてみてね。https://ameblo.jp/franajile
Franとの毎日を。。

メインブログ↓覗いてみてね。

https://ameblo.jp/franajile
ブリーダーさんの名刺が出て来たの、思わず電話しちゃった。

ブリーダーさんの名刺が出て来たの、思わず電話しちゃった。

今、
ふと
Aさんの名刺が出て来たの。

そしてね、
名刺に書かれてる
HPを検索してみたの。
でもね、
もう検索しても
ヒットしてくれなくて、

思わず電話をしてしまった。

特に理由はないのだけど、

大事に大切に
2カ月間Franさんを育ててくれた
Aさんと
お話しが出来たのよ。

声が震えた。

私とFranさんのご縁を繋いでくださった方。

18年前なのに、
携帯の電話番号
変って無かった。

嬉しかった〜
とっても丁寧に優しくお話ししてくれて、、
当時の事を覚えていて下さった。
凄く嬉しかった。

我が家に来た時
Franさんお腹下してしまって、
何日か続いて、
Aさんに連絡をしたのを覚えてる。

1週間で落ち着きますから様子見て下さい。
そう
言われたのを覚えてる
計った様にピタッと1週間で
良いうん〇になってね。

さすがブリーダーさんだね、って
パパと話した事を覚えてる。


当時パパが一度ひっそりと
ブリーダーさんの所へ見学に行っていたそうで、
可愛い子が居るから
見に行かない?って5月5日の子供の日に誘われたの、
この日のこの言葉が私の人生をこんなにも
変えさせてくれた運命的な日と言っても
過言ではないな。

当時私は犬を飼うなんて事はまったく考えてなかったのに、
なぜか一緒に車に乗り見学に行くつもりが
帰りは私の膝の上にFranが乗っていた。
可愛いあなたの姿に即決だった。
レッドのプードルは当時はとても珍しくて、
ブリーダーさんの所には
4匹のレッドのプードルが居たの。
その中でも半分は家族が決まってしまっていたのかな?
でもねFranはまだ、その時は決まって無かったの。

ちっちゃくって、
初めての車が怖かったのかぴぃぴぃ泣いていた。
こんなぬいぐるみみたいな子が
私の膝の上で動いていて、、

慣れない手つきで一生懸命あやす私。

甘噛みされて痛かった〜ほんと痛かったのよ。

あの時の
フワフワ、ソフトな
毛むくじゃらのちっちゃな犬、
その時の手の感触が忘れられない。
今でも覚えてる。

帰宅途中
車の中で
名前決めないと!!
どうしようか?とパパが、
即効、
プードルはフランスの犬なので
Franにしようよ。
と、
即決だった。
他には名前は上がらなかったんだよ。

Aさんには
素敵なご縁に感謝です。

そして、今改めて
Aさんとお話しをさせて頂き
こんな素敵なブリーダーさんから
Franさんを迎え入れる事が出来て
幸せだったな。と
思った。


涙が出そうになった。
いや、
今泣いちゃったよ。

名刺出て来てくれて良かった。

あの頃に戻りたい。。。